校章・校訓・校歌
校章

 
 現在の校章は,昭和23年4月,農学校から現在の黒川高等学校に改称された時に新たに制定されたもので,郷土のシンボル七ツ森をデザインしたものです。
 周りに六つの峰を配し,一つは高等学校の高の字の上に置かれています。
 「郷土愛に根ざした教育」が聳(そび)えた七ツ森のように高い理想であることを象徴しています。

 

 

校訓


 
黒川高校では,これからの様々なニーズに応えられるような人間を育てるため,
  「公正」「友愛」「開拓」
 を校訓として掲げております。
  (図はイメージです)

 

校歌

校 歌

作詞 扇畑 忠雄    作曲 福井 文彦



さやかに晴るる山幾重
稜線永遠のしずもりに
つどいて三年朝夕の
やさしきすがた七つ森
ここに学びて春秋の
生命かぐわしわれらが生命


ゆく水清き高野原
漲る流れ一すじに
理想は白き激ちなす
先がけゆかん新時代
ここに学びて春秋の
自由尊しわれらが自由


険しき道も平らけく
携えゆかんすこやかに
母なる土を踏みしめて
あこがれ遠き地平線
ここに学びて春秋の
世界うつくしわれらが世界


真理の光かかぐべし
緑の靡く朝光に
平和の民と生い立ちて
常若のそのわが母校
ここに学びて春秋の
誇りたたえよわれらが誇り

 


(画像クリックで拡大表示)